Sweet Things That You Promised

2003年のAlbum Of The Yearは、おらがストーンズの
『Sweet Things That You Promised』で決まり!
今年は本当にこればっかり聴いていた気がする。


このアルバムは、3月10日の武道館公演を隠密録音したもので、
ブートレッグ(ひらたく言えば海賊盤)と呼ばれるシロモノ。
内容&音質がとにかく素晴らしく、当日の感動が蘇ってくるほど。
それから、公演日が月曜日だったにもかかわらず、
その週の金曜日には店頭に並んでいたのにも驚いた。
ブートの世界もえらく進歩しているんだな……。
そして、アルバムタイトルがこれまた最高。
『Sweet Things That You Promised』というフレーズは
当日演奏された『Worried About You』から引用されており、
おそらく30年前に幻と消えた武道館公演とも掛けられている。
このブート業者、いいセンスしているわ〜。
iTunesとiPodのプレイカウントを合計すると、200は超えるはず!
とにかく聴きまくった1枚である。
皆さんのAlbum Of The Yearは何でしょうか?

Sweet Things That You Promised” への2件のコメント

  1. あ、これで思い出した。CD屋寄ってからでかけようっと。
    やっぱ、ブートは作る側もファン心理だからなのかしらねー
    月曜の公演を金曜に店頭に並べるとは、恐れ入りますね。
    ワシのAlbum of the yearはなんだろう?
    それほど「コレだ!」というのは聞いてないなぁ
    (というか買ってないというのが正解かも)
    ともあれ、カトーさんもよいお年を。
    お正月は実家に帰られるんですか?甥っ子にお年玉用意かな 🙂

  2. 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますね。
    お年玉はあげませんでしたが、彼らの相手でクタクタです。
    たしかに業者もファン心理をつく商売が上手ですね。
    でも、センスのいいジャケットやタイトルの製品ってのは
    あまり多くないかも。いまはそれほどでもないけど、
    10年前は本当にひどかった気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です